◆校訓
「何事でも、人々からしてほしいと望むことは、人々にもその通りにせよ。」
マタイによる福音書7章12節
◆教育方針
キリスト教の教えを土台とし、知・徳・体の円満な発達をはかる三育教育を行い、隣人や社会のために喜んで奉仕することのできる人物を育てることを目標とします。



神様と人々から愛される子ども。神様と人々を愛することができる素直な子どもを育てます。お祈りで毎日が始まり、感謝の祈りで学びを終えます。毎週土曜日には共に礼拝します。



聖書は世界中で最も読まれている書物です。本校では、聖書の授業や礼拝を通して思いやりのある心と人間性豊かな人格を養います。

◆聖書を正科とする(週3校時)

◆全校チャペル(毎週月曜日)

◆教会牧師による聖書の授業(週1回)

◆バイブル週間(各学期)



真理を求め、思考し、行動する力を養い育てます。自ら学ぶ意欲を持ち、確実な基礎的学力を柱に、さらに深く研究し、希望に溢れた未来を拓く力を伸ばしていきます。



生きた英語と国際感覚を身につけるために、外国人教師による英語の授業が行われています。

*隣接学年複式学級



きめ細かい指導がなされるよう考慮され、教師が一人一人の理解度をチェックしながら授業が進められます。

 



愛の実践は、社会のために奉仕できる健康な体が土台となります。
他と比較したり競いあうことを目的とせず、自己の能力のために生かそうとする健全な体と心を育てることが、
本当の体力づくりではないでしょうか。

◆異学年合同の体育授業

◆朝の持久走(週1回)

◆奉仕(校内外清掃・シティクリーニング)

◆水泳教室(年12回)・スケート教室年3回)